ピアノ弾けるようになりたい 大人

ピアノ弾けるようになりたい大人の独学

大人になってから憧れのピアノを独学で始めたいという方は、最近とても多いようです。独学は最初は楽しいものの、しばらくすると思ったようにいかなくて投げ出したくなってしまうこともよくあります。

 

この記事では、大人初心者がピアノ独学でぶつかる問題の解決法をご紹介します。

 

1. わからない部分は何となくで弾く?

見慣れない音楽記号が出てきた時、どうされますか?記号の意味がわからないけど、音が正しければ大した問題ではないと考えて、何となくで弾いてしまう方が多いと思います。

 

いちいち調べましょう。

音楽記号を調べたら、その近くに読み方と意味を書き込みましょう。同じ記号が出てきた時に、その都度調べる手間が省けます。そして少しずつ覚えるようにしましょう。

 

初心者専用の楽譜を選びましょう。

初心者用の楽譜には、音楽記号が日本語表記されているものがあります。レベルとニーズに合った楽譜を探すことはとても大切ですね。

 

2. いつも同じところが弾けない?

「いつも同じところで止まってしまう」とか「同じところを弾き直してしまう」という場合、必ず原因があります。弾けない原因をつぶさない限り弾けるようにはなりません。

 

指づかいを確認しましょう。

楽譜に書いてある通りの指番号で弾いた途端に弾きやすくなることがあります。

 

短く区切って反復練習をしましょう。

弾けないところの前後を含む2小節を反復練習し、スラスラ弾けるようになったら、その前の2小節を加えて反復練習してみてください。

 

この積み重ねで全体が弾けるようになります。ピアニストも反復練習をしているのですから、ここを面倒だと思ってはいけません。

 

3. 練習がおもしろくない?

練習しても上達している実感がないなら、練習がつまらなく感じてしまうのも無理はありません。練習のモチベーションが下がっていって、いつの間にかピアノに向かわなくなることさえあるでしょう。

 

楽譜のレベルを下げてみましょう。

難しい曲が弾けたらかっこいいけれど、自分のレベルに合わない楽譜はストレスになります。

 

初心者でもすぐに弾けるようにアレンジされた楽譜から始めて徐々にレベルアップしていく方が、上達が目に見えるので練習も楽しくなるでしょう。

 

練習の記録を付けましょう。

練習の後に気づいたことを何でも記録してみましょう。

  • どの曲を弾いたか
  • どんな練習をしたか
  • うまくいったか
  • 練習時間はどのくらいか
  • 弾いていて気付いたことはあるか

これはとても効果があるのでおすすめです。後で見返すと、必ず成長を感じられます。

 

4. 手が痛くなったら?

今までの人生で使っていなかった神経や筋肉を動かしているのですから、手が痛くなることもあるはずです。それでも根性で弾き続けますか?

 

無理しないで手を休ませましょう。

手が痛くなってきたなら、無理して弾き続けてはいけません。すぐに休息を取ってください。慣れない動きで手は疲労しているのです。

 

休憩しながら徐々に手の筋肉を慣れさせましょう。野球選手が肩を壊すように手を壊すピアニストもいるのですから、無理は禁物です。

 

5. 自己流になってるかも?

独学とは、文字通り独りで学ぶということですから、先生がいません。初心者は特に、変な癖がついてしまって後からでは直せない、ということもあります。

 

DVD付きの教材を使ってみましょう。

ピアニストの海野真理先生が初心者でも30日でピアノが弾けるように作ったレッスン動画と楽譜のセットです。

 

ピアノ入門時に押さえておきたい大切なポイントも教えてくれる動画なので、変な癖がつきにくいと思います。価格も3万円程度なのでお手頃ですね。

 

30日でマスターするピアノ教本&DVD

 

 

まとめ

ピアノ弾けるようになりたい大人が独学でぶつかる問題の解決法をまとめておきます。

わからない部分は何となくで弾く?

いちいち調べましょう。
初心者専用の楽譜を選びましょう。

いつも同じところが弾けない?

指づかいを確認しましょう。
短く区切って反復練習をしましょう。

練習がおもしろくない?

楽譜のレベルを下げてみましょう。
練習の記録を付けましょう。

手が痛くなったら?

無理しないで手を休ませましょう。

自己流になってるかも?

DVD付きの教材を使ってみましょう。

 

いかがでしょうか。大人になってから憧れのピアノを独学で始めた方が、途中で投げ出さずに楽しくピアノを続けられる方法をご紹介しました。

 

きっとどんどん練習が楽しくなって、ショパンもベートーベンも弾けるようになるでしょう。

 


 

page top